ブログ

割とコンピュータよりの情報をお届けします。

2018/5

Windows 10 April 2018 Updateが原因?タッチパッドの不具合

長時間PCを使用しているとほぼ100% タッチパッドのスクロール機能が停止してしまう状態だったが,ドライバの更新を行って…

Windows 10 April 2018 Updateのせいかなとも思いコントロールパネルで,Synapticsのドライバのインストール日付を確認するとUpdateをインストールした日付になっていた。

アップデートと合わせてインストールされたのかそれともその直後の作業でインストールされたのかわからない。

たまたま私のパソコンが中古のHPのパソコンだったのでHPのサイトからSynaptics LuxPadのドライバをダウンロードしインストール。
とりあえず復帰したかなー?

そろそろこのパソコンも交換かなー

≫ Read More

2018/05/31 コンピュータ   TakeMe

jCanvasのイベントに苦労

jCanvasのイベントの設定にはまってしまった。

普通にjCanvasではmouseoverなどのイベントが設定できるとあったのでそれを使ってみようとしていたがなかなかできない。

<canvas id="image" height="300" width="300"></canvas>
<script>
$('#image').drawRect({
  fillStyle: '#000',
  x: 10, y: 100,
  width: 200,
  height: 100,
  fromCenter: false,
  mouseover: function(layer) {
    alert("test");
  }
});
</script>

よくよく調べてようやく以下の項目が抜けていることに気が付いた。

<script>
$('#image').drawRect({
  layer: true,
  fillStyle: '#000',
  x: 10, y: 100,
  width: 200,
  height: 100,
  fromCenter: false,
  mouseover: function(layer) {
    alert("test");
  }
});
</script>

何でもないところではまるのは恐ろしい。

他にfromCenter: falseも間違いやすい。

≫ Read More

2018/05/29 コンピュータ   TakeMe

Node.jsのzipからのインストール

Windows 10でNode.jsを手動インストールしてみた。

Node.jsのzipファイルをダウンロードする。

そのままダウンロードをしてしまうとmsiファイルがダウンロードされてしまうので,他のバージョンを選んでzipファイルをダウンロードする。

次にダウンロードしたファイルを展開。

環境変数のPathなどをいじると全体に影響が出るので,展開したフォルダの中のnodevars.batへのショートカットを作成した。

これまた,バッチファイルが実行されるだけになってしまうので,ショートカットのプロパティでリンク先を
C:\Windows\System32\cmd.exe /k "[もともとのリンク先]"
に変更した。作業フォルダの項目は空にしておくとショートカットのあるフォルダが作業フォルダになる。

一部のdllのインポートなどにpython 2.7が必要になったら,WinPythonなどをインストールしておいてnodevars.batに例えば
set "PATH=[WinPythonのパス]\python-2.7.xx.amd64;%PATH%"
などを追加しておいた方がよい。

≫ Read More

2018/05/27 コンピュータ   TakeMe

Chromeのデベロッパーツールって

デベロッパーツールとはデバッグ中の値の推移を確認するだけの機能と思っていた

デベロッパーツールはJavaScriptの変数やDOMへある程度自由に書き込み、読み出しができるようになっている。

今までこの機能を知らなかったために費やした時間の多いことか。

途中でコンソールからコマンドを入れれば、値の入力をシミュレートできるということで便利…

知らなかった。

≫ Read More

2018/05/08 コンピュータ   TakeMe

CefSharpでAnyCPU対応に苦慮した話2

前回のCefSharpでAnyCPU対応の話のときは少し標準のCefSharpの使い方とかけ離れた書き方になっているのに気付いた。

(2018.08.18追記: WPFについては,このままWinForms用のコンポーネントを連携機能で開いてもよいがWPF用のコンポーネントを使ってもよい。)

今回は修正を最小限にとどめる。(この設定でもプロパティに32bitを優先を設定している場合には32bitで起動してしまうので注意)

NuGetでCefSharp.WinFormsをインストールして。*.csprojファイルProperyGroupに

<CefSharpAnyCpuSupport>true</CefSharpAnyCpuSupport>

追加するまでは同じである。次のようにすれば似たものになる。

Program.csまでは以下のようになる。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using System.Runtime.CompilerServices;
using System.Reflection;
using System.IO;

namespace webui
{
    static class Program
    {
        /// 

        /// アプリケーションのメイン エントリ ポイントです。
        /// 
        [STAThread]
        static void Main()
        {
            Application.EnableVisualStyles();
            Application.SetCompatibleTextRenderingDefault(false);
            AppDomain.CurrentDomain.AssemblyResolve += Resolver;
            Application.Run(new Form1());
        }

        // Will attempt to load missing assembly from either x86 or x64 subdir
        private static Assembly Resolver(object sender, ResolveEventArgs args)
        {
            if (args.Name.StartsWith("CefSharp"))
            {
                string assemblyName = args.Name.Split(new[] { ',' }, 2)[0] + ".dll";
                string archSpecificPath = Path.Combine(AppDomain.CurrentDomain.SetupInformation.ApplicationBase,
                                                       Environment.Is64BitProcess ? "x64" : "x86",
                                                       assemblyName);

                return File.Exists(archSpecificPath)
                           ? Assembly.LoadFile(archSpecificPath)
                           : null;
            }

            return null;
        }
    }
}

Form1.csは次のようになる。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using CefSharp;
using CefSharp.WinForms;
using System.IO;

namespace webui
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public ChromiumWebBrowser chromeBrowser;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
            InitializeChromium();
        }

        public void InitializeChromium()
        {
            CefSettings settings = new CefSettings();
            settings.BrowserSubprocessPath = Path.Combine(AppDomain.CurrentDomain.SetupInformation.ApplicationBase,
                                                   Environment.Is64BitProcess ? "x64" : "x86",
                                                   "CefSharp.BrowserSubprocess.exe");
            Cef.Initialize(settings, performDependencyCheck: false, browserProcessHandler: null);

            chromeBrowser = new ChromiumWebBrowser("https://www.valuestar.work/");
            this.Controls.Add(chromeBrowser);
            chromeBrowser.Dock = DockStyle.Fill;
        }

        private void Form1_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
        {
            Cef.Shutdown();
        }
    }
}

 

≫ Read More

2018/05/03 コンピュータ   TakeMe

CefSharpでAnyCPU対応に苦慮した話

CefSharpでAnyCPU対応に苦慮した

概ねここにあるように設定すればよいのだが、微妙にここも参考になる。
(2018.08.18追記: 概ねこの内容で問題ないがCef.Initialize()を書くまでの処理の流れが参考と異なるので次の記事に参考ページの順番になるように書き直した) (書き直したら,Basercmsのバグのために書式が崩れた)

Visual Studio 2017 (Express 2017 for Windows Desktopでも可)を開く。
メニューバーの「ファイル(F)」から「新しいプロジェクト(P)」を選び
「Windows フォーム アプリケーション(.NET Framework) Visual C#」のプロジェクトを作る。フレームワーク(F)は.NET Framework 4.5.2以降を選択できる。
ソリューション エクスプローラーの今作成したプロジェクトで右クリックして現れるコンテキストメニューから「NuGet パッケージの管理」を選びCefSharp.WinFormsを探してインストールする(63.0.3が最新だった)。

*.csprojファイルには、(最初のProperyGroupに)

<CefSharpAnyCpuSupport>true</CefSharpAnyCpuSupport>

を追加する必要がある。

Program.csに以下のように変更を加える。これは参考の通り。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using System.Runtime.CompilerServices;
using System.Reflection;
using System.IO;
using CefSharp;

namespace webui2
{
    static class Program
    {
        /// 
        /// アプリケーションのメイン エントリポイントです。 ///
        [STAThread]
        static void Main() 
        {
            Application.EnableVisualStyles();
            Application..SetCompatibleTextRenderingDefault(false);
            AppDomain.CurrentDomain.AssemblyResolve += Resolver; 
            LoadApp();
            Application.Run(new Form1());Application.Run(new Form1());
        }

        [MethodImpl(MethodImplOptions.NoInlining)] 
        private static void LoadApp() 
        {
            var settings = new CefSettings(); 
            // Set BrowserSubProcessPath based on app bitness at runtime 
            settings.BrowserSubprocessPath = Path.Combine(AppDomain.CurrentDomain.SetupInformation.ApplicationBase, Environment.Is64BitProcess ? "x64" : "x86", "CefSharp.BrowserSubprocess.exe");
            // Make sure you set performDependencyCheck false 
            Cef.Initialize(settings, performDependencyCheck: false, browserProcessHandler: null);
        } 
        
        // Will attempt to load missing assembly from either x86 or x64 subdir 
        private static Assembly Resolver(object sender, ResolveEventArgs args) 
        { 
            if (args.Name.StartsWith("CefSharp")) {
                string assemblyName = args.Name.Split(new[] { ',' }, 2)[0] + ".dll"; 
                string archSpecificPath = Path.Combine(AppDomain.CurrentDomain.SetupInformation.ApplicationBase, Environment.Is64BitProcess ? "x64" : "x86", assemblyName);
                return File.Exists(archSpecificPath) ? Assembly.LoadFile(archSpecificPath) : null; 
            } 
            return null; 
        }
    } 
}

 

例えばForm1.csは以下のようにしておく。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;
using CefSharp;
using CefSharp.WinForms;

namespace webui2
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public ChromiumWebBrowser chromeBrowser;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
            InitializeChromium();
        }

        public void InitializeChromium()
        {
            chromeBrowser = new ChromiumWebBrowser("https://www.valuestar.work/");
            this.Controls.Add(chromeBrowser);
            chromeBrowser.Dock = DockStyle.Fill;
        }

        private void Form1_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
        {
            Cef.Shutdown();
        }
    }
}

 

 

 

≫ Read More

2018/05/03 コンピュータ   TakeMe