ブログ

割とコンピュータよりの情報をお届けします。

2018/4

Windows Form TableLayoutPanel伸びない

Windows Form TableLayoutPanel伸びないことがあった。

Windows Form では[Dock]->[Fill]や[Anchor]を上下左右に張っているとウィンドウの拡大縮小に応じてコントロールのサイズが伸縮する。(と言われている)

4.0あたりのバージョンでは、込み入った(アンカーのついたコントロールが複数並んだような)デザインでは、デザインビューでは伸びるが実際にアプリを動かすと伸びない場合がある。

この状況では、「controlA.Width = 1024 + 10;」ではなく「contorolA.Width = 1024;」のように数値入力をしないとWidthアクセサも受け付けなくなっていることがある。

何とも不可解な仕様である。

どうも、負荷が大きくなったときにInvalidate();の処理が追い付かなくなるように見える。

≫ Read More

2018/04/24 コンピュータ   TakeMe

Python DrawLine

Python でDrawLineを使う方法を探していた。

結局やり方は以下のようなコードだった。

参考にしたページによってはfrom PILが抜けていてどうにも理解できなかった。

一応PILにて対応している。こちらは連続でImage.newできるのか?

from PIL import Image, ImageDraw

img = Image.new('RGB',(256,256),(255,255,255))
draw = ImageDraw.Draw(img)
draw.line(((0,0),(127,127)),(0,0,255),3)
draw.line(((127,127),(0,127)),(0,0,255),3)
draw.line(((127,127),(127,0)),(0,0,255),3)
img.save("lines.png")

≫ Read More

2018/04/17 コンピュータ   TakeMe

.NET FrameworkのBitmapの生成に注意

Bitmap img = new Bitmap(…を使っているときに注意があった。

最近見ているプログラムで暫く使用していると例外が発生してしまう問題が発生していた。

よくよく調べていると、例えば以下のようなコードではたいてい失敗する。(そのままのコードではない)
頻繁にGC.collectを実行しているとうまく行くことがある。

img = new Bitmap(****で作ったオブジェクトは使い終わったらimg.Dispose()で開放するか使いまわさなければ、失敗するようだ。(または、例外処理を加えて開放されるのを待つか。)

本当は.NET Compact Frameworkで悩んでいたが、デスクトップPC(フルバージョンの.NET Framework)でも動かなかった。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Drawing;

namespace img
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            Bitmap img = new Bitmap(400, 300);
            for (int i = 0; i < 20000; i++)
            {
                img = new Bitmap(400, 300);
            }
        }
    }
}

≫ Read More

2018/04/10 コンピュータ   TakeMe

powercfg /batteryreport

powercfg /batteryreportを実行するとき管理者権限はいらない。

Windows 10でpowercfg /batteryreportを実行するには管理者権限が必要だと思っていたが、まったく必要なかったようだ。

普通にできてしまった。

2011年くらいに発売されたPCの中古品を使っているが、すでにバッテリが充電できない状態になっている。

純正品とある物をさがすかそれともとりあえず使える互換バッテリで凌いでそのうち新しいPCを購入するか悩んでいる。

2018/04/08追記

起動時に警告が表示されて勝手に電源が切れることがある。充電できないバッテリを繋げたまま使用しているからかも

≫ Read More

2018/04/07 コンピュータ   TakeMe

C言語のchar (*) [4]って何?

C# DllImportでDLLを試していたが、C言語のヘッダファイルに記述された内容について忘れていたことがあった。

プロトタイプ宣言に char (*) [4] とあって「なんだっけ」と思って4時間ほど考えていた。

char (*) [4] をそのまま読んで要素数4つのバイト配列へのポインタの配列か?と思っていた。

Visual Studioで新しいプロジェクトを作って関数のテストをいろいろしていて、これは2次元配列であることが分かった。

ようやく解決した。

≫ Read More

2018/04/05 コンピュータ   TakeMe

Pythonでポートスキャン

Pythonでポートスキャンをする方法が載っていたので試してみた。

ポートスキャンは時間がかかると思っていたが、一つ一つの処理はそんなでもないが、tcpで通信する分タイムアウトを待って応答を返しているのでシリーズで処理すると時間がかかるようだ。

一応マルチスレッドで並列処理してみた。

import socket
import threading

scan_range = [1, 2000];

host = "localhost";

threads = [];
ports = [];
isopen = [];

def Run(port, i):
    con = socket.socket(socket.AF_INET, socket.SOCK_STREAM)
    return_code = con.connect_ex((host, port))
    con.close()

    if return_code == 0:
        isopen[i] = 1;
    
    
count = 0;
for port in range(scan_range[0], scan_range[1]):
    ports.append(port);
    isopen.append(0);
    thread = threading.Thread(target=Run, args=(port, count));
    thread.start();
    threads.append(thread);
    count = count + 1;

for i in range(len(threads)):
    threads[i].join();
    if isopen[i] == 1:
        print("%d open" % ports[i]);

≫ Read More

2018/04/05 コンピュータ   TakeMe

PythonでHTTP REQUEST

requestsでHTTPリクエスト関係HTTPSでも取得できる。

requestsモジュール自体はHTTPSでも関係なく取得することができるが、電子署名の妥当性のチェックなどはどのように行うのか?

import requests

req = requests.get('https://www.valuestar.work/');
print(req.headers);
print(req.text);

解答としては、「どうも標準でチェックしているらしい。」逆にverify=Falseでチェックを無効にするらしい。

import requests

req = requests.get('https://www.valuestar.work/', verify = False);
print(req.headers);
print(req.text);

≫ Read More

2018/04/03 コンピュータ   TakeMe

AutoResetEventでタイミング

AutoResetEventでスレッド間のタイミングをとることを練習中。

AutoResetEventを用いてタイミングをとりつつ、callbackデリゲートを実行している例。

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Text;
using System.Threading;

namespace TestThread
{
    class Program
    {
        volatile static bool stopThread = false;
        static AutoResetEvent autoResetEvent = new AutoResetEvent(false);
        static AutoResetEvent autoResetEvent2 = new AutoResetEvent(false);
        delegate void dosomething(object arg);
        static dosomething callback;
        static object arg;
        static object lockObj = new object();

        static void Main(string[] args)
        {
            Thread thread = new Thread(Run);
            thread.Start();
            callback = new dosomething(something);

            for (int i = 0; i < 3; i++) {
                lock (lockObj)
                {
                    arg = (object)i;
                    autoResetEvent.Set();
                    autoResetEvent2.WaitOne();
                }
            }

            stopThread = true;
            autoResetEvent.Set();
            try
            {
                thread.Join(100);
            }
            catch (Exception)
            {

            }
            finally
            {
                thread.Abort();
            }
        }
        
        static void Run()
        {
            while (!stopThread)
            {
                autoResetEvent.WaitOne();

                if (!stopThread)
                    callback(arg);
                
                autoResetEvent2.Set();
            }
            return;
        }

        static void something(object arg)
        {
            Console.WriteLine("{0}: {1}", System.Threading.Thread.CurrentThread.ManagedThreadId, (int)arg);
            return;
        }
    }
}

≫ Read More

2018/04/02 コンピュータ   TakeMe

Basercmsで本文の追加ができない

Basercmsで本文が登録できなくなっているのだけど…困ったCMSだな

Basercmsで本文が追加できなくなってしまった。本当に安定を待たないと使用に耐えない。実用には、もう1年くらい待った方がよかったかな

データベースのテーブルに直接書き込むことはできるのでこの記事はそのように追加した。

≫ Read More

2018/04/01 コンピュータ   TakeMe