ブログ

割とコンピュータよりの情報をお届けします。

TakeMe

Openclipart.orgが停止している

無償のクリップアート提供サイトであるOpenclipart.orgが停止している.詳しい理由はわからないが,DDOS攻撃を受けたことをきっかけにサービスを止めて対応を検討しているようだ.

いつもの一時的なメンテナンスだと思って待っていたが,ひと月近く待っていたが,一向に復帰しないところを見ると,運営者側は深刻なことが起こったと考えているようだ.

すぐに復帰すると思っていたので代替策について気にしていなかった.
一部のクリップアートはほかのクリップアート配信サイト(https://publicdomainvectors.org/など)からダウンロードできるようになっているようだ.ただ,Openclipart.orgではsvgファイルとそこから派生させたファイルを簡単にダウンロードできるようになっていたが,そこまでの提供はされていない.

復帰に寄付を募っているようだ

≫ Read More

2019/06/03 日記   TakeMe

Windows 10 Fall Creators Update以降はSMBv1が勝手に無効化されることがある

最近 アイ・オー・データ機器のLAN DISK Sシリーズにつながらなくなったなーと思っていた.
でもいままでつかえていたのでWindows 10が原因とは気づかなかった.
原因に気付くまで時間がかかった.でも仕様らしい.

「Windows 10にしてもSMBv1を現に利用している環境ではSMBv1クライアント機能が有効になっている」はずだった.

しかし,どうも常識が変更されたようだ.しかも,無効になるタイミングはユーザが意識して変更したタイミングでもUpdateのタイミングでもなく,
SMBv1 クライアントが使用されていない期間 (コンピューターの電源が切れていた期間を除く) が合計 15 日間になると、SMBv1 は自動的にアンインストールされます。

マイクロソフトが設けた「時間の概念を設ける新しい仕組み」(初心者にはSMBv1を使う環境か使わない環境かを勝手に判断して選択する画期的な機能かのしれない)であるが,仕組みを知らない人には原因不明の不具合が発生しているように見える.

今回は,暫く外へ持ち出していたパソコンを戻したら使えなくなっていた.一応 LAN DISKのサポートページにはSMBv1クライアントを有効にするように書いてあったが,「前に有効にしたはず」との意識があったので再確認には至らなかった.
インストール時の操作が同じでも,環境に合わせて設定が変わるというのは便利な仕組みだが,中途半端に知っている人にとっては不具合を誘発しかねない...

≫ Read More

2019/05/03 コンピュータ   TakeMe

open62541の開発ブランチには互換性がない変更が加わった

以前にopen62541のビルドの記事(1, 2)を書いていたが,その時と異なりGitHubのリポジトリの先頭にはいよいよ次のリリースへ向けて(?)大きな変更が入ってしまった.

GitHubのリポジトリをクローンして使っていると昨年9月のころできていたことができなくなっている.
Server用とClient用の区切りを設けようとしているのか詳しくはわからないが,大きく仕様が変わっており,マニュアルも整っていないようなので,特にWindows用の対応は難しい.試行錯誤でうまく動かすような時間が必要である.

GitHubのリポジトリをクローンして使う場合には,最終リリース版である0.3を使用されることをお勧めする.
ちなみにhttps://open62541.org/では0.3.0の配布になっているのでそちらの方が適当であろう.
昨年9月までは新しい仕様を取り込もうとGitHubからクローンした方がバグフィックスが入っていて便利ということも間違いとは言い難かったが,0.3.0のリリース直前だったからで0.3.0のリリース後は次のリリースへ向けて積極的に変更が入っている.

ファイルの構造が変わって,open62541.hなどの一つのファイルをインクルードすれば足りたファイルがなくなってしまっている.そして,開発版のドキュメントではそれに対応していそうに見えたが,少なくともVisual Studioではライブラリのビルドは成功するのだが,それを使う段階でチュートリアルの方法では失敗する
時間がたてば,もう少し整理されてくるはず.オープンソースでまともに動くOPC-UAの実装の一つなので期待している.

≫ Read More

2019/04/24 コンピュータ   TakeMe

HttpClientは標準でProxy経由の通信になる

.NET FrameworkでHttpClientを使う機会があった.何も気にせずに使い始めると通信にProxyの設定が適用される.

.NET Framework 4.5からの機能だとおもうが,HttpClientというものが使えるようになった.TcpClientでは気にする必要があるKeepAlive/Httpsなどの実装を気にせずに使用できるようだ.参考となるページはHttpClientクラスでWebページを取得するには?[C#、VB]であろうか.
(ただこの記事が書かれた時と状況が異なる点がSystem.Net.ServicePointManager.SecurityProtocol |= System.Net.SecurityProtocolType.Tls12;の部分である.現在では脆弱性の懸念から,SSL 3やTLS1.1などが無効化され始めており,最初からTLS1.2でつなげに行かなければ失敗するサーバーが多くなっている点である.)
さて,外のサーバーに接続する場合には
HttpClientHandler handler = new HttpClientHandler();
handler.UseProxy = false;
もいらない(はずである).
しかし,ローカルにプロキシサーバーを設けている場合にはローカルアドレスに対してプロキシを使用しない設定にしても,http://192.168.1.1/などにリクエストを送ろうとすると,Windows の仕様(ほぼバグ)によりプロキシを経由しようとする.

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Net.Http;

namespace ConsoleApp1
{
    class Program
    {
        static void Main(string[] args)
        {
            // 取得したいWebページのURI
            Uri webUri = new Uri("https://www.valuestar.work/");

            // Call the method "GetWebPageAsync"
            Task<string> webTask = GetWebPageAsync(webUri);
            webTask.Wait(); // Mainメソッド内でawaitのかわりの待機
            string result = webTask.Result;  // content of the result 

            Console.WriteLine(result);
#if DEBUG
            Console.ReadKey();
#endif
        }

        static async Task<string> GetWebPageAsync(Uri uri)
        {
            // Forced to use TLS1.2
            System.Net.ServicePointManager.SecurityProtocol |= System.Net.SecurityProtocolType.Tls12;

            // Setting: "Do not use proxy"
            HttpClientHandler handler = new HttpClientHandler();
            handler.UseProxy = false;

            using (HttpClient client = new HttpClient(handler))
            {

                // setting timeout (optional)
                client.Timeout = TimeSpan.FromSeconds(10.0);

                try
                {
                    // Main part of this function
                    return await client.GetStringAsync(uri);
                }
                catch (HttpRequestException e)
                {
                    // Related to HTTP
                    Console.WriteLine("\nHTTP Exception");
                    Exception ex = e;
                    while (ex != null)
                    {
                        Console.WriteLine(ex.Message);
                        ex = ex.InnerException;
                    }
                }
                catch (TaskCanceledException e)
                {
                    // Timeout
                    Console.WriteLine("\nTimeout");
                    Console.WriteLine(e.Message);
                }
                catch (Exception e)
                {
                    // Others
                    Console.WriteLine(e.Message);
                }
                return null;
            }
        }
    }
}

困った問題である.http://127.0.0.1/などはループバックなのにプロキシを経由されるというほぼバグ仕様によりデバッグ中に相当苦労させられた.

≫ Read More

2019/04/24 コンピュータ   TakeMe

Windows FormsのDockプロパティFillはダブルバッファリングと相性が悪い

今回は,Windows Formsのアプリケーションを作成していた.
DataBindingを設定して,更新してみていたが どうもちらつく.原因はDockプロパティだった.
「Windows FormsのDockプロパティFillはダブルバッファリングと相性が悪い」ではなく「Windows FormsのDockプロパティFillはダブルバッファリングと相性が悪いかったかも」が正しいのかもしれない.実行環境を新しくしていくと問題が消えていく...

そもそも,本題の更新時のちらつきについて話を進める前に,
WPFのデータバインディングの場合には,バックグラウンドスレッドで更新しても普通に更新がかかるのだが,Windows Formsの場合にはUIスレッドで意図的にプロパティ変更イベントを出さないといけないようだ.
さて本題だが,Windows FormsのLabelは標準でダブルバッファリングが有効になったコントロールである.
しかし,DockプロパティをFillにしているとちらつく(ことがある).
ただし,Windows 10では問題ないように見える.例えば以下のようなコードはWindows 10で問題ない(っぽい)

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Windows.Forms;

namespace WindowsFormsApp1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private Timer timer = new Timer();
        private Label label = new Label();
        private Label label2 = new Label();
        private TableLayoutPanel tableLayoutPanel = new TableLayoutPanel();
        private Int64 count = 0;

        private ViewModel vm = new ViewModel();

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            this.Controls.Add(tableLayoutPanel);
            tableLayoutPanel.Dock = DockStyle.Fill;
            tableLayoutPanel.ColumnCount = 2;
            tableLayoutPanel.ColumnStyles.Add(new System.Windows.Forms.ColumnStyle(System.Windows.Forms.SizeType.Percent, 50F));
            tableLayoutPanel.ColumnStyles.Add(new System.Windows.Forms.ColumnStyle(System.Windows.Forms.SizeType.Percent, 50F));
            tableLayoutPanel.RowStyles.Add(new System.Windows.Forms.RowStyle(System.Windows.Forms.SizeType.Percent, 50F));
            tableLayoutPanel.RowStyles.Add(new System.Windows.Forms.RowStyle(System.Windows.Forms.SizeType.Percent, 50F));
            tableLayoutPanel.RowCount = 2;
            tableLayoutPanel.Controls.Add(label);
            tableLayoutPanel.SetColumn(label, 0);
            tableLayoutPanel.SetRow(label, 0);

            tableLayoutPanel.Controls.Add(label2);
            tableLayoutPanel.SetColumn(label2, 1);
            tableLayoutPanel.SetRow(label2, 1);

            this.label.DataBindings.Add(new Binding("Text", this.vm, "Text1", false));
            this.label2.DataBindings.Add(new Binding("Text", this.vm, "Text2", false));

            label.Font = new Font("MS Gothic", 40);
            label.Height = 50;
            label.Text = count.ToString();
            label.TextAlign = ContentAlignment.MiddleCenter;
            label.Dock = DockStyle.Fill;

            label2.Font = new Font("MS Gothic", 40);
            label2.Height = 50;
            label2.Text = count.ToString();
            label2.TextAlign = ContentAlignment.MiddleCenter;
            label2.Dock = DockStyle.Fill;

            timer.Interval = 100;
            timer.Tick += timer_Tick;
            timer.Start();
        }

        private void timer_Tick(object sender, EventArgs e)
        {
            count++;
            this.vm.Text1 = count.ToString();
            this.vm.Text2 = (-count).ToString();
        }
    }
}
using System;
using System.ComponentModel;

namespace WindowsFormsApp1
{
    public class ViewModel : INotifyPropertyChanged
    {
        public event PropertyChangedEventHandler PropertyChanged;
        private void RaisePropertyChanged(string propertyName)
        {
            if (PropertyChanged != null)
                PropertyChanged(this, new PropertyChangedEventArgs(propertyName));
        }

        private string _text1 = "test";
        public string Text1
        {
            set
            {
                _text1 = value;
                RaisePropertyChanged("Text1");
            }
            get
            {
                return _text1;
            }
        }

        private string _text2 = "test";
        public string Text2
        {
            set
            {
                _text2 = value;
                RaisePropertyChanged("Text2");
            }
            get
            {
                return _text2;
            }
        }
    }
}

環境によってちらつきが発生する難しいバグ発生となった.
このバグが発生する場合には「コントロールのダブルバッファリングを有効にして、ちらつきを防止する」を実施しても関係ないようだ.
難しい.

≫ Read More

2019/04/14 コンピュータ   TakeMe

熱電対の温度と電圧の変換式を作る2

前回の記事では温度から熱起電力を求める式と熱起電力から温度を求める関数を用意していたが,逆が遅い.

とりあえず多項式近似なら,
前回

import numpy as np
import scipy as scipy
from scipy.optimize import fmin
import matplotlib
import matplotlib.pyplot as plt
import time

def GetK_Type_T2E(t):
    return -17.600413686 + 38.921204975 * t + 0.018558770032 * t ** 2 \
        + -0.000099457592874 * t ** 3  + 0.00000031840945719 * t ** 4 \
        + -5.6072844889E-10 * t ** 5 + 5.6075059059E-13 * t ** 6 \
        + -3.2020720003E-16 * t ** 7 + 9.7151147152E-20 * t ** 8 \
        + -1.2104721275E-23 * t ** 9 \
        + 118.5976 * np.exp(-0.0001183432 * (t - 126.9686) ** 2);

def f(t, *args):
    return np.abs(GetK_Type_T2E(t) - args[0])

def GetK_Type_E2T(e):
    t = e / 38.921204975;
    res  = scipy.optimize.minimize_scalar(f, bracket=None, bounds=(t - 0.7, t + 0.7), args=(e), method='brent', tol=1e-10);
    #res  = scipy.optimize.minimize_scalar(f, bracket=None, bounds=(t - 0.7, t + 0.7), args=(e), method='golden', options={'xtol': 1e-15});
    print(res)
    return res.x;

if __name__ == '__main__':
    start = time.time()
    t = 20
    e = GetK_Type_T2E(t);
    print(t)
    e0 = GetK_Type_T2E(20)
    print(e0)
    t0 = GetK_Type_E2T(e0)
    print(t0)
    elapsed_time = time.time() - start
    print ("elapsed: {0}".format(elapsed_time) + " s")

今回

import numpy as np
import scipy as scipy
from scipy.optimize import fmin
import matplotlib
import matplotlib.pyplot as plt
import time

def GetK_Type_T2E(t):
    return -17.600413686 + 38.921204975 * t + 0.018558770032 * t ** 2 \
        + -0.000099457592874 * t ** 3  + 0.00000031840945719 * t ** 4 \
        + -5.6072844889E-10 * t ** 5 + 5.6075059059E-13 * t ** 6 \
        + -3.2020720003E-16 * t ** 7 + 9.7151147152E-20 * t ** 8 \
        + -1.2104721275E-23 * t ** 9 \
        + 118.5976 * np.exp(-0.0001183432 * (t - 126.9686) ** 2);

def GetK_Type_E2T(e):
    global w;
    return np.polyval(w, e);

if __name__ == '__main__':
    start = time.time()
    ts = np.linspace(-40, 240, num=2801);
    es = GetK_Type_T2E(ts);
    
    w = np.polyfit(es, ts, 18)
    pvts = np.polyval(w, es)

    elapsed_time = time.time() - start
    print ("elapsed: {0}".format(elapsed_time) + " s")
    
今回の方が2801点計算しているのに同じ程度の時間で処理できている.

≫ Read More

2019/04/11 コンピュータ   TakeMe
Tag:Python

熱電対の温度と電圧の変換式を作る

JIS C1602 熱電対 に熱起電力の多項式近似が載っているのでそれをもとに温度-起電力の変換式を用意した.

Pythonで書いてみた.
(数値の一部桁はわざと変えてある.可能性がある)細かい数値はJISを参照していただくとして,...
変換関数自体は問題ないのだが,逆関数は載っていない.
一応 数値最適化を用いて逆関数を作ってみた.
中に,numpyを入れたのはまずかったかもしれない.

import numpy as np
import scipy as scipy
from scipy.optimize import fmin

def GetK_Type_T2E(t):
    return -17.600413686 + 38.921204975 * t + 0.018558770032 * t ** 2 \
        + -0.000099457592874 * t ** 3  + 0.00000031840945719 * t ** 4 \
        + -5.6072844889E-10 * t ** 5 + 5.6075059059E-13 * t ** 6 \
        + -3.2020720003E-16 * t ** 7 + 9.7151147152E-20 * t ** 8 \
        + -1.2104721275E-23 * t ** 9 \
        + 118.5976 * np.exp(-0.0001183432 * (t - 126.9686) ** 2);

def f(t, *args):
    return np.abs(GetK_Type_T2E(t) - args[0])

def GetK_Type_E2T(e):
    t = e / 38.921204975;
    res  = scipy.optimize.minimize_scalar(f, bracket=None, bounds=(t - 0.7, t + 0.7), args=(e), method='brent', tol=1e-10);
    #print(res)
    return res.x;

if __name__ == '__main__':

    t = 20
    e = GetK_Type_T2E(t);
    print(t)
    e0 = GetK_Type_T2E(20)
    print(e0)
    t0 = GetK_Type_E2T(e0)
    print(t0)

このやり方だと逆関数の計算が順方向の数十倍負荷がかかってしまう. もっと時間がかかるが,以下のようにした方がずれが小さくなる(かも).

res  = scipy.optimize.minimize_scalar(f, bracket=None, bounds=(t - 0.7, t + 0.7), args=(e), method='golden', options={'xtol': 1e-15});

≫ Read More

2019/04/06 コンピュータ   TakeMe
Tag:Python

C#からPythonの関数を呼び出し3

前のC#からのPythonの呼び出しの記事から新たに気が付いたことがあったので備忘録も含めて記載する.

使用するのはPython for .NETである.

git clone https://github.com/pythonnet/pythonnet.git

でgithubからpythonnetをダウンロードする.前にも述べている通りPythonの最新版は更新が速くてNugetパッケージは更新が追い付いていない.
ダウンロードされたフォルダの中にpythonnet.slnファイルがあるはずなのでこれを開き(Visual Studio 2017).
その後,ビルドの構成はReleaseWinPY3でx64(実際には実行環境に合わせる)でビルドする.するとbinフォルダにPython.Runtime.dllが出来上がる.

今回は呼び出した先のPythonのコードでmultiprocessingを使ってみた.
すると,Pythonで書かれている部分だけでなく.NET Frameworkで動いているプロセス全体が複製される.
C#から呼び出す先でマルチプロセスを使いたい場合には,プロセス全体が複製されることを前提に書いておく必要がある(複製された先からQueueなどの処理を行って処理を返さないと呼び出し元のプロセスはいつまでも待つ(特別な処理を書いていれば別だが)).

意図しない動作をしないように十分に注意する必要がある.

≫ Read More

2019/03/28 コンピュータ   TakeMe
Tag:Python

Phidgets 温度センサ4入力USB熱電対インタフェースを使ってみた

Phidgets 温度センサ4入力USB熱電対インタフェースを購入してみた.
なかなか使いやすく良いが,残念な点もある.

良い点

安いところ.
そしてドライバーをインストールする必要がない点.(NIの商品より安く使い始められてドライバもいらない)
PhidgetsのWEBサイトでライブラリを配布しているが,このライブラリはシステム全体に入れる必要はなく,アプリケーションに添付するだけでも良い.(開発する場合にはNugetパッケージのインストールだけで良い)

残念な点

USBケーブルが付属しないので,別途購入する必要がある.(用意しないと使えない)
K型熱電対で分解能は0.04 度であるようなことが仕様書に書いてあるが,実際に使ってみると,確かに高い分解能の表示はしてくれるが,0.4 度程度の段差が生じる.仕様に特別に項目を設けて「Ambient Temperature Error Max ±0.5」 Kとあったのでこれのことを言っていると思われる.
(通常の表示では気付かないかもしれないが,使用したいサンプリング周波数よりオーバーサンプリングしてデジタルでローパスフィルタを掛けると量子化雑音の低減を期待できるが,確かにうまくいっている時間帯もあったが,隠しきれないステップが現れた.)
冷接点補償か何かのセンサの分解能が不足しているか量子化雑音を気にしないエンジニアがファームウェアの補償の部分を書いているのではないかと疑っている.
安いだけはある.

残念な点に対する対策(現在はこうすればうまく段差が消えるだろうという見込みの段階

0-3チャンネルに熱電対入力があるのと,4チャンネルに内蔵の温度入力ICのサンプリングがつながっている
おそらく,この1048_0B というIDのついた商品では,0-3チャンネルの値は4チャンネルの入力で補正されている.

この商品では0-3チャンネル(4チャンネル分)については電圧としてもサンプリングできるらしいので確認してみたい.ここで補償か何かのセンサの分解能が不足していることが確認できれば,自分で式を書いて滑らかになるように訂正することができる かも
温度ICの温度の値がブラックボックスになっていないのは良い.

仮想的には,測定点での起電力Aに測定器側での起電力Bの差A-Bが電圧入力に入っているはずである.
温度から熱起電力を換算する多項式近似はJISに掲載されている.
普通に使用する部分では,一対一対応なので熱起電力から温度を換算する式(関数)も作ることができる.

≫ Read More

2019/03/27 コンピュータ   TakeMe

SQLiteのデータベースファイルへの同時アクセス3

先の記事の例でSQLiteで操作している部分は良いのだが,おまけのような形でつけてしまったMicrosoft Chart Controlsへのバインドに問題があることが分かった.

主に問題なのは読み込みの例で出したコードである.
this.chart1.DataBind();を最初に呼ぶのは問題ないが,毎回呼ぶと相当な負荷がかかるのだ.10000点などのプロットの場合には一瞬でもCPU負荷が100%近くに上昇してしまう.
DataBindはPointsバッファの切り替えを伴うので大きな負荷になってしまう.
Timerなどで周期的に実行する場合には,一回目の書き込みにはDataBindを使用してすでにPointがあるSeriesに対しては点の追加で対応すべき.(もちろん数珀点程度の更新なら問題ない)

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Windows.Forms;
using System.Data.SQLite;

namespace SQLView2
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        private System.Data.SQLite.SQLiteConnection cn;
        private DataSet ds;
        private System.Data.SQLite.SQLiteDataAdapter da;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();

            SQLiteConnectionStringBuilder sqlConnectionSb = new SQLiteConnectionStringBuilder { DataSource = "../../../SQLite2/bin/Debug/test.db" };
            this.cn = new SQLiteConnection(sqlConnectionSb.ToString());
            this.cn.Open();

            ds = new DataSet();
            da = new SQLiteDataAdapter();
            var cmd = new SQLiteCommand(cn);
            cmd.CommandText = "SELECT * FROM test ORDER BY time asc";
            da.SelectCommand = cmd;

            da.Fill(ds, "test");
            this.dataGridView1.DataSource = ds.Tables["test"];

            chart1.Series[0].XValueMember = "time";// チャートへのバインド
            chart1.Series[0].YValueMembers = "value";
            this.chart1.DataSource = ds.Tables["test"];
            this.chart1.DataBind();
        }

        private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
        {
            if (ds.Tables["test"].Rows.Count > 0)
            {
                DateTime last = (DateTime)ds.Tables["test"].Rows[ds.Tables["test"].Rows.Count - 1][0];
                var cmd = new SQLiteCommand(cn);
                cmd.CommandText = "SELECT * FROM test WHERE time > "
                    + $"'{last.ToString("yyyy-MM-dd HH:mm:ss.fff")}'"
                    + " ORDER BY time asc";
                da.SelectCommand = cmd;
            }

            this.da.Fill(ds, "test");
            this.chart1.DataBind();
        }

        private void Form1_FormClosing(object sender, FormClosingEventArgs e)
        {
            this.cn.Close();
        }
    }
}

おそらく以下のように直すとよい.

        private void timer1_Tick(object sender, EventArgs e)
        {
            if (ds.Tables["test"].Rows.Count > 0)
            {
                Int32 newDataStartingIndex = ds.Tables["test"].Rows.Count;
                DateTime last = (DateTime)ds.Tables["test"].Rows[ds.Tables["test"].Rows.Count - 1][0];
                var cmd = new SQLiteCommand(cn);
                cmd.CommandText = "SELECT * FROM test WHERE time > "
                    + $"'{last.ToString("yyyy-MM-dd HH:mm:ss.fffffff")}'"
                    + " ORDER BY time asc";
                da.SelectCommand = cmd;
                this.da.Fill(ds, "test");
                for (int i = newDataStartingIndex; i < ds.Tables["test"].Rows.Count; i++)
                {
                    for (int j = 0; j < this.chart1.Series.Count; j++)
                    {
                        this.chart1.Series[j].Points.AddXY(ds.Tables["test"].Rows[i][0], ds.Tables["test"].Rows[i][j + 1]);
                    }
                }
            }
            else
            {
                var cmd = new SQLiteCommand(cn);
                cmd.CommandText = "SELECT * FROM test ORDER BY time asc";
                da.SelectCommand = cmd;
                this.da.Fill(ds, "test");
                this.chart1.DataBind();
            }
        }

時々,書き込みのタイミングと読み込みのタイミングが連続で一致してしまうとBlockに関する例外が発生する.少しタイミングをずらして再読み込みを試みるようにした方が確実のようだ.少しバッファなどを設けて長時間SQLiteの書き込みが連続しないようにしておくとよい(複数行の書き込みはトランザクションにしないとかえってブロック時間が長くなる).

≫ Read More

2019/03/27 コンピュータ   TakeMe