ブログ

割とコンピュータよりの情報をお届けします。

ConoHaのUbuntuにLubuntuのGUIを入れてみた

ConoHaのVPSでサーバを借りていた.通常は管理ツールがみんなコマンドラインなのだけど.GUIにあこがれてlubuntu-desktopを入れてしまった.

ConoHa VPSはテンプレートに近い設定なら,近ければ近いほど運用が楽なようになっている.
できればUbuntu 18.04のテンプレートを使いたい.
Ubuntu 18.04のサーバの部分がインストールで出来たら,ユーザを追加してsshでログインできるように設定する.

さらに,

sudo aptitude install language-pack-ja-base language-pack-ja ibus-mozc

を実行しておく(ibus-mozcはおそらくfcitx-mozcの間違いではないかと思う).さらに,以下を実行して

sudo update-locale LANG=ja_JP.UTF-8 LANGUAGE="ja_JP:ja"

再起動するか source /etc/default/localeで設定を反映する.ここまで来てしまうとConoHaのコンソールでテキストベースでログインしなおすとことごとく文字化けが発生するようになっている.
この後以下を実行してlubuntu-desktopの部分を入れる

sudo aptitude install lubuntu-desktop

ここまでで,ConoHaのコンソールから開くとテキストベースでなくてvncでGUIのログインができるようになっている.日本語サーポートの追加もしておいた方が良いかもしれない.
 私は以下を追加した.(先ほどibus-mozcを間違って入れてしまっているから)

sudo apt install fcitx-mozc
sudo apt install fonts-noto-cjk fonts-noto-color-emoji

ところで,手元のクライアントWindowsにX Server(私はX410を買った)があれば,PuttyなどでログインしてX11ForwardingでGUIを手元に開けることも可.その場合には,次のようなスクリプトを実行するとよい.手元Windowsが日本語キーボードになっている場合にはlxsessionを始める前に,xset -r 49が必要だ(手元のWindowsのキーボードがENG表示ならこれはいらない).

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx

fcitx-autostart

lxsession -s Lubuntu -e LXDE
 

音以外はこれで良い.音はPulseAudioを使わないとクライアントに持ってこれない.

ちなみに,うえのスクリプトではパネルまで全部起動するのだが,ターミナルだけで良ければ

export GTK_IM_MODULE=fcitx
export QT_IM_MODULE=fcitx
export XMODIFIERS=@im=fcitx
export DefaultIMModule=fcitx
xset -r 49
fcitx
lxterminal
2019/11/02 コンピュータ   TakeMe
< Previous Article     To List    

コメント送信フォーム


※ Email will not be published
Loading...
 Please enter the letters of the image